奉祝 天皇陛下御即位三十年
神奈川県神社庁
神奈川県神社庁のホームページ 神奈川県神社庁・神職専用ページ
神棚の祀りかた 神社Q&A 神社庁とは リンク
かながわの神社
あなたの氏神様は?神社検索 近所の神社を検索してみよう!
詳細検索
くらしの中の神道
神道のいろは
千社札せんじゃふだついて
千社札とは、神社の社殿や手水舎の柱や壁・天井などに貼られている自分の氏名や屋号・雅号などを記した紙片のことです。
千社札は庶民の間で江戸時代から流行したものですが、古くは四国八十八カ所の霊場(寺院)の参詣や、各地にある観音霊場に巡礼した際に、そのしるしとして、巡礼の名称や自分の住所・氏名・同行者名を記した木や紙の札を納めたこと(納札)に因むものです。
いまでもこうした寺院を札所と読んでいるように、本来は寺院を対象としたものでしたが、後に数多くの神社仏閣を巡礼する千社参りが流行ると、神社の社殿などに千社札が貼られるようになりました。
千社札はもともと手書きによるものでしたが、木版刷りのものが普及すると、浮世絵の技法や意匠を取り入れるなど、豪華なものも作られるようになりました。
社殿に貼られるほか、愛好家の間で交換会がおこなわれるなど、しだいに信仰から離れ、趣味としての色合いが強くなっていきます。中には有名な浮世絵師に作成を依頼して家業が傾くという社会問題化したため、当時の江戸幕府は、度を過ぎた贅沢ぜいたくで身分不相応に金を費やすものとして庶民の千社札の交換会を禁止するようにまでなりました。
しかし、こうした規制もあまり効果が見られなかったようで、その後も庶民の間での流行として千社札が作られ続けました。
現在でも伝統的な木版刷りの千社札が作成され、愛好家の間で交換会がおこなわれています。一方、機械印刷による簡便なステッカー形式のものが多く出回っており、社殿に貼られていることも見受けられます。
千社札を、趣味として収集することに問題ありませんが、「千社札お断り」の立て札が見られるなど、社殿など境内建物の美観を損ないかねませんので、神社の許可なしで貼ることはご遠慮頂きたいと思います。
まことの道・9月
※画像をクリックすると拡大表示されます
神社庁アーカイブ「まことの道」

掲載した「まことの道」を
収録していきます。

 
2018年厄年一覧
※画像をクリックすると拡大表示されます
※地域によって異なる場合があります、お近くの神社にお尋ね下さい。
神棚奉斎リーフレット
※画像をクリックすると拡大表示されます
みんなの神様
  • よみのくに
  • 天孫降臨
  • ヤマタノオロチ
  • いなばのしろうさぎ
  • あまのいわと
  • 海幸彦と山幸彦
  • ヤマトタケルノミコト
  • 神武天皇
  • くにうみ
※画像をクリックすると拡大表示されます
既刊冊子のご案内

①「よみのくに」 ②「天孫降臨」 ③「ヤマタノオロチ」 ④「いなばのしろうさぎ」
⑤「あまのいわと」 ⑥「海幸彦と山幸彦」 ⑦「ヤマトタケルノミコト」
⑧「神武天皇」 ⑨「くにうみ」

こちらを無料で差し上げています。
次の事項にご留意の上、ご興味のある方は、当庁の下記連絡先までメールにてご氏名・ご住所をお知らせいただくか、直接お電話かFAXにてご連絡下さい。

《神奈川県神社庁》
連絡先 045(761)6387
E-mail k-jinjacho@kanagawa-jinja.or.jp

●ほしい冊子の番号をお書き下さい。
※但し、お一人様全種類1部までとさせていただきます。
 友人知人にと複数部希望される方がおられますが、ご本人様のお申込みのみとします。

●お預かりした個人情報は本冊子の発送だけに使用いたします。
 ダイレクトメールやその他発送物をお送りするものではありません。

●ブログ・SNS等への無断転載は御遠慮願います。

新着情報
H30/08/31
まことの道、「<a href="news.php4#menu2">日本の神さま十二の物語</a>」が更新されました。
H30/08/01
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。
H30/06/29
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。
H30/06/01
まことの道、「日本の神さま十二の物語」が更新されました。

親子で親しむ日本の神話「あまのいわと」二人語り

親子で親しむ日本の神話 出張公演について
 神社庁では日本の神話に親しんでもらうよう、県内の神主さんが「語り部」となって神話の読み聞かせをしています。神社のお祭り、幼稚園、保育園をはじめ地域のイベント等の集まりにおいて数多くの公演をいたしました。
 私たちはこの美しい日本神話を次世代へ継承すべく、お子様そしてお父さんお母さんを対象に活動しております。
興味がある方は下記連絡先までお気軽にお問い合せ下さい。
【活動内容】 神話の読み聞かせ
大型のスクリーンにイラストを投影して子供にもわかりやすく、楽しく聞かせます。
効果音には日本の伝統的音楽である「雅楽」を取り入れ、雰囲気を盛り上げます。
【演目】 「あまのいわと」「やまたのおろち」など誰でも知っている内容です。
【人数】 5名程でお伺いします。
【時間】 20分〜30分です。
【場所】 県内であれば基本的にどこでも伺います。
【費用】 無料
【対象】 基本的にはお子様向けですが、大人でも充分楽しめます。
【申込】 下記連絡先までお問い合せ下さい。
【連絡先】 神奈川県神社庁
電話 045-761-6387 FAX 045-761-0100
E-mail k-jinjacho@kanagawa-jinja.or.jp

※神話出張公演ご案内
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387