神奈川県神社庁
 
お知らせ
神社Q&A
神社検索
神社庁とは
リンク
 
神奈川県神社庁のホームページ
神社詳細
大師稲荷神社 (だいしいなりじんじゃ)
 大師稲荷 (だいしいなり) 
所在地住所 〒210-0818
神奈川県川崎市川崎区中瀬3-5-1
電話番号 044-276-1662
FAX番号 044-276-1662
ホームページ
メールアドレス
[ 大師稲荷神社 ]
※ご注意:システムの構成上、地図のポイントと実際の神社の位置に多少の差異があります。

大歳神   ( おおとしのかみ )
大宜都姫神   ( おおげつひめのかみ )
屋船豊請姫神   ( やふねとようけひめのかみ )

1月1日元旦祭(がんたんさい)
2月15日祈年祭(きねんさい)
[春祭 (はるまつり)]
6月30日大祓式(おおばらいしき)
10月15日収穫祭(しゅうかくさい)
[秋祭 (あきまつり)]
12月31日大祓式(おおはらいしき)

 当神社は源義家(平安の後期の武将頼義の長子通称八幡太郎が前九年の役に父に従って奮戦、後に陸奥守となり、後三年の役を鎮定。東国の源氏の基礎を固めた)の旧臣平間某の勧進と伝えられる。
  永禄二年小田原北条氏の領地となり、朱印地三石を寄付され、江戸時代より大師平間寺の別当神社となる。
  御祭神は大歳神の神像(十一面観音立像との説もある)は弘法大師の作と伝えられ、明治四年神仏分離に、大師平間寺に遷し、同寺の宝物となったが戦災で焼失した。
  神仏分離の際に仏籍に関わりが無く、平間家(弘法大師の像を海中より引き上げた大師平間寺を建立した平間兼乗の家系)を継いでいた中村昌彦が大師平間寺より、分家として宮司に任ぜられた。
  又、大師平間寺とのこの様な関係から、大師稲荷神社と称され、明治六年村社となる。
  境内は松が生い茂り、本殿は塀に囲まれ荘厳なたたずまいを見せ、江戸から明治にかけて、祭礼には流鏑馬や多数の舞台がかかり、参拝者で大変なにぎわいを見せた。
  尚、お手水舎は元文五年庚申(約二六〇年前)稲荷新田村、川中之島村、大師川原村の奉納と明記されて有り、再建前の鳥居は昭和五年戌子(約二三〇年前)、燈篭は嘉永五年壬子(約一五〇年前)の奉納と有る。
  明治九年、現在の本殿建築されたが、拝殿と鳥居は大正十二年九月一日の関東大震災で半崩壊し、昭和一六年一〇月一五日に社殿が再建され、遷宮祭を行われた。
  昭和九年現在の大神輿が奉納され、平成六年に鳥居・敷石・社名碑が再建となり、平成一九年に大改修が行われました。
▲ページTOPへ戻る
1つ前へ戻る      ホームページTOPへ戻る
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387