神奈川県神社庁
 
お知らせ
神社Q&A
神社検索
神社庁とは
リンク
 
神奈川県神社庁のホームページ
神社詳細
八幡神社 (はちまんじんじゃ)
 大島八幡宮 (おおしまはちまんぐう) 
所在地住所 〒210-0834
神奈川県川崎市川崎区大島3-4-8
ホームページ
お問い合わせ先
※上記バナーをクリックすると連絡先となる神社のページが開きますのでお問い合わせ下さい。
[ 八幡神社 ]
※ご注意:システムの構成上、地図のポイントと実際の神社の位置に多少の差異があります。

誉田別命   ( ほむだわけのみこと )
伊弉諾命   ( いざなぎのみこと )
伊弉冉命   ( いざなみのみこと )

1月1日歳旦祭(さいたんさい)
2月17日祈年祭(きねんさい)
2月節分節分祭(せつぶんさい)
8月第1土曜日大島神社例祭(おおしまじんじゃれいさい)
[前夜祭 (ぜんやさい)]
8月第1日曜日大島八幡神社例祭(おおしまはちまんじんじゃれいさい)
8月第1日曜日大島八幡神社例祭(おおしまはちまんじんじゃれいさい)
[神幸祭 (しんこうさい)]
11月23日新嘗祭(にいなめさい)

 当神社では、江戸時代に別当をつとめていた真観寺が火災に遭い、古い記録の一切が失われたため、その来歴は審らかではありません。
 
  往昔、源義家が八幡太郎と名乗って、前九年・後三年の両大役 (一〇五一年から一〇八七年) に勝利を得、関東に一大勢力を築いて以来、源氏一族は八幡神を氏神としてその御神徳を慕い、武運長久家門隆盛を祈ってそれぞれの領地に八幡社を建立致しました。当八幡神社も、この地区の住民たちが両大役の折、源氏方の将兵の宿泊に民家を提供したり兵糧を提出したりして協力したことに対し、源氏一族が感謝のしるしとして建立したものとつたえられます。
  以来今日まで当神社は氏子の崇敬極めて篤く、村民の中心として栄えてきました。特にしばしば匿名の篤志者による多額の奉納があり、その霊験のあらたかさは今でも遠く氏子外の人々にも知れわたっております。また大島村は江戸時代までは川崎山王社 (現稲毛神社) の氏子でもあり、現在も同社に伝わる格式高い重儀「宮座式」の重要な所役を担っております。この一事を見ても当地区が古くから川崎郷全体の中枢的な役割を果たしていたことが推察されます。
  昭和二十年四月の戦禍で、本殿をはじめ全ての建造物を焼失しましたが、その復興も極めて順調に行われました。そして現在は、大島地区の鎮守として多くの参拝者をあつめ例祭をはじめとする祭事行事も氏子崇敬者の連帯協力により逐年盛大に執り行われていることは喜ばしい限りです。また、境内には「大島新田記念碑」 (大正四年建立) 「伝桃記念碑」 (大正四年建立) などがあり、郷土の先人達が成し遂げた偉業を今に伝えています。
▲ページTOPへ戻る
1つ前へ戻る      ホームページTOPへ戻る
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387