神奈川県神社庁
 
お知らせ
神社Q&A
神社検索
神社庁とは
リンク
 
神奈川県神社庁のホームページ
神社詳細
鈴鹿明神社 (すずかみょうじんしゃ)
 お明神様 (おみょうじんさま) 
所在地住所 〒252-0024
神奈川県座間市入谷1ー3499
電話番号 046-256-1122
FAX番号 046-253-8765
ホームページ http://suzuka.or.jp
メールアドレス
[ 鈴鹿明神社 ]
※ご注意:システムの構成上、地図のポイントと実際の神社の位置に多少の差異があります。

伊邪那岐命   ( いざなぎのみこと )
素戔嗚命   ( すさのおのみこと )

1月1日元旦祭(がんたんさい)
2月17日祈年祭(きねんさい)
[春祭 (はるまつり)]
[御田植祭 (おたうえまつり)]
2月節分節分祭(せつぶんさい)
[豆まき (まめまき)]
6月初旬御田植祭(おたうえまつり)
7月中旬日曜日夏越大祓祭(なごしおおはらいさい)
7月31日大祭(たいさい)
[宵宮祭 (よいみやさい)]
8月1日大祭(たいさい)
[天王祭 (てんのうさい)]
[神幸祭 (しんこうさい)]
8月28日風神祭(ふうじんさい)
[風祭 (かざまつり)]
11月23日新嘗祭(にいなめさい)
[秋祭 (あきまつり)]
12月27日年越大祓祭(としこしおおはらいさい)
12月31日除夜祭(じょやさい)

 鈴鹿明神社は、遠く第二十九代欽明天皇の御代に創祀せられたという。伝説によると、伊勢の鈴鹿郷の神社例祭に神輿が海上を渡御した折、にわかの暴風に襲われ、漂流して相模国入海の東峯に漂着した。里人が社を創立してこれを鎮守とし、鈴鹿大明神と崇め奉ったと伝えている。また天平年間にこの地は鈴鹿王の所領で土甘郷と言った(正倉院文書)ところから、時人が王の御名を冠して鈴鹿の字名が発祥したとも推察される。
  鈴鹿明神社は、往古、東南西方平坦な水田で、その中央一丈余りの高所に、はるばる大洋を望むかの如く鎮座していた。境内は船の形をし、数十の樫の古木が繁茂し、参道中央に銀杏の大木があって、さながら船の帆の様であった。その遠景を人は「船形の森」「樫の森」と呼んで親しんだが、今はその銀杏もなく、地形も変動して面影はない。しかし神社の地形が前方後円墳にも似るところから、昭和三十九年に社殿の東側草地を発掘したところ、千五百年以前の地下式住居跡(約七坪)が発見され、また境内の樫の古木は最大のもので樹令九百年といわれ、座間市原始林の一部であるところから、古代の祭祀遺跡が埋蔵されている事も想起され、かすかに昔日をしのばせる。
  明治二年十二月、神奈川県下二十大区、二十七ヶ村(座間入谷村、座間宿村、新田宿村、四ツ谷村、新戸村、磯部村、下溝村、上溝村、当麻村、田名村、大島村、下九沢村、上九沢村、相原村、橋本村、小山村、清兵衛新田、矢部村、同新田村、渕ノ辺村、鴉ノ森村、上鶴間村、下鶴間村、柏ケ谷村、栗原村、上今泉村、下今泉村)の郷社に列せられた。これは現在の座間市、相模原市の全域と大和市と海老名市の一部を占める広域なものであった。さらに昭和四十五年一月、神奈川県神社庁指定神社となり、現在に至っている。
▲ページTOPへ戻る
1つ前へ戻る      ホームページTOPへ戻る
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387