神奈川県神社庁
 
お知らせ
神社Q&A
神社検索
神社庁とは
リンク
 
神奈川県神社庁のホームページ
神社詳細
栗原神社 (くりはらじんじゃ)
 王子大権現 (おうじだいごんげん) 
所在地住所 〒252-0014
神奈川県座間市栗原中央4-4-4
ホームページ
お問い合わせ先
※上記バナーをクリックすると連絡先となる神社のページが開きますのでお問い合わせ下さい。
※ご注意:システムの構成上、地図のポイントと実際の神社の位置に多少の差異があります。

豊受大神   ( とようけのおおかみ )
天御柱命   ( あめのみはしらのみこと )
稚日留女命   ( わかひるめのみこと )
道反大神   ( ちがへしのおおかみ )
国御柱命   ( くにのみはしらのみこと )

1月1日歳旦祭(さいたんさい)
4月29日祈年祭(きねんさい)
9月上旬土曜日例祭(れいさい)
11月28日新嘗祭(にいなめさい)

[社頭掲示板]
 当社に伝わる「栗原寺社村鏡」の写しによると、「相模の弥市」といわれた中栗原の豪農大矢家の先祖が天正元年(一五七三)に王子大権現を勧請して祀ったのが起りと伝えています。宝永三年(一七〇六)再建の記録があることや、昭和四十二年に伐採された杉の御神木が樹齢七百数十年といわれていることを考え合わせると、当社は大変古い年代に建立されたことがうかがわれます。永い歳月王子権現社は中栗原の守り神として、人々の心の支えとなり崇められてきました。
 明治時代になり、時の政府が各小字にあるお宮を合祀するように勧めたので、明治六年(一八七三)、栗原地域内に祀られていた絹張社(小池)・握財社(上栗原)・山王社(芹沢)・若宮社・龍蔵社(下栗原)はこの王子権現社に合祀され当時の栗原の総鎮守となり社名も栗原神社となりました。         
 例祭には栗原地区内五十七の地域から祭り衣装を身に付けた囃子連が威勢よく祭り太鼓を奉納競演する様は壮観です。
 社殿の左奥にそびえ立つシラカシの木は目通り周囲が三.六メートル、樹高二十メートルの大木で樹齢五百年前後といわれ昭和五十三年市の天然記念物に指定されています。
 祭神 豊受大神・天御柱命・国御柱命・道反大神・稚日留女命
 以上
 
▲ページTOPへ戻る
1つ前へ戻る      ホームページTOPへ戻る
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387