神奈川県神社庁
 
お知らせ
神社Q&A
神社検索
神社庁とは
リンク
 
神奈川県神社庁のホームページ
神社詳細
八雲神社 (やぐもじんじゃ)
  
所在地住所 〒259-1145
神奈川県伊勢原市板戸592
ホームページ
お問い合わせ先
※上記バナーをクリックすると連絡先となる神社のページが開きますのでお問い合わせ下さい。
[ 八雲神社 ]
※ご注意:システムの構成上、地図のポイントと実際の神社の位置に多少の差異があります。

須佐之男命   ( すさのおのみこと )
天照大御神   ( あまてらすおおみかみ )
豊受姫大神   ( とようけひめのおおかみ )

1月1日歳旦祭(さいたんさい)
2月14日頃祈年祭(きねんさい)
4月1日例祭(れいさい)
4月1日英霊祭(えいれいさい)
7月8日頃大祓式(おおはらへしき)
11月中旬新嘗祭(にいなめさい)
12月下旬大祓式(おおはらへしき)

[板戸の鎮守様 八雲神社]
 ○鎮座地
 神奈川県伊勢原市板戸592
 小田急線伊勢原駅北口より徒歩15分。
 住宅街にあり隣を国道246が走る。
 
 ○御祭神
 須佐之男命(すさのおのみこと)
 天照大御神(あまてらすおおみかみ)
 豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)
 ご神徳は須佐之男命が想念的神格で、荒ぶる気象の害から民の生活を守る「衣食住・産業」の神様であり、悪事や災難を取り除き多くの幸を授けて下さいます。
 
 ○由緒・社殿
 創建年代は不詳だが、恵心作の毘沙門天像に寛文8年(1668年)の銘があるので、このころには毘沙門社として祀られていたと思われる。初めの鎮座地は現在の飛び地境内であり、かつては板戸全体の生活用水をまかなっていた「毘沙門池」付近だったと思われるが、元禄年間から明和年間(1688〜1771年)の間に現在地へ遷座されたと思われる。
 慶応4年から明治元年の太政官布告「神仏判然令(神仏分離令)」により、村内に別に祀られていた神明社・牛頭天王社・稲荷社の3社と合祀。毘沙門社より八雲神社となり、明治6年7月30日に村社に列せられ、昭和4年4月4日に神饌幣帛料供進神社に指定された。
 社殿は本殿・弊殿・拝殿を合わせ10坪。そのうち本殿は弘化4年(1847)に建てられ、間口7尺、奥行8尺で彫刻がある。二之宮村の宮大工梅川園輔が請負。
 
 ○境内神社
 皇産神(たかみむすびのかみ)・内御嶽大己貴神(うちみたけおおなむちのかみ)・外御嶽少彦名神(そとみたけすくなひこなのかみ)・高於賀美神(たかおかみのかみ)・風之神(かぜのかみ)をそれぞれ石の祠にお祀りしております。
▲ページTOPへ戻る
1つ前へ戻る      ホームページTOPへ戻る
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387