神奈川県神社庁
 
お知らせ
神社Q&A
神社検索
神社庁とは
リンク
 
神奈川県神社庁のホームページ
神社詳細
八坂神社 (やさかじんじゃ)
  
所在地住所 〒259-1126
神奈川県伊勢原市沼目2-3-30
ホームページ
お問い合わせ先
※上記バナーをクリックすると連絡先となる神社のページが開きますのでお問い合わせ下さい。
[ 八坂神社 ]
※ご注意:システムの構成上、地図のポイントと実際の神社の位置に多少の差異があります。

素盞之男命   ( すさのおのみこと )

1月1日歳旦祭(さいたんさい)
2月中旬祈年祭(きねんさい)
4月第2金曜例祭(れいさい)
[宵宮祭 (よいみやさい)]
4月第2土曜例祭(れいさい)
4月第2土曜例祭(れいさい)
[神幸祭 (しんこうさい)]
7月上旬大祓式(おおはらへしき)
12月上旬新嘗祭(にいなめさい)
12月上旬立誠祭(りっせいさい)
12月上旬大祓式(おおはらへしき)

[西沼目の鎮守様 八坂神社]
 
 ○鎮座地
 神奈川県伊勢原市沼目2-3-20
 小田急線伊勢原駅南口から徒歩で15分。
 
 ○御祭神
 素盞之男命(すさのおのみこと)
 ご神徳は国土安全、国家安泰、農神、疫病神、学問、縁結び、商売繁盛。
 
 ○由緒・社殿
 創建時期は不詳なるも、1200年から1300年頃(前北条氏の時代)京都祇園牛頭天王社を信仰するものが、この地に分社を勧請したものと考えられる。応永10年(1403)の梵鐘が現存しているのでそのときには間違いなく存在していた。
 爾来、天王社(お天王さん)と呼ばれ沼部村の鎮守として信仰を集め親しまれてきた。
 「新編相模国風土記稿」によればご神体は行基菩薩作の木造で、高さ1尺4寸3分(約47センチ)と伝えられる。
 天正19年(1591)御朱印状により社領7石を賜る。
 慶応4年から明治元年の太政官布告「神仏判然令(神仏分離令)」により京都の祇園牛頭天王社にならい天王社から現在の社名とした。
 明治6年(1873年)村社、大正5年(1916年)神饌幣帛料供進社に指定された。
 また神仏習合時は大蔵院と称する別当が常駐し、その庵を祇園山天王寺と呼んでいた。大蔵院は小田原玉滝坊(神奈川県央以西の19寺社を配下にもつ有力な修験坊で、一時は県内最大の修験場八菅権現=現八菅神社をも支配していた本山派=天台宗の有力修験集団)に属し、毎日般若心経・大般若経・法華経などの神前読経に努めていた。その後別当は、神仏分離を機に神職となり、引き続き神社に奉仕されたが、明治年間に退去された。
 沼目の地名は、倭名鈔では奴末倍(ぬまぶ)とあり、もともと沼部村と称したが、天正19年当八坂神社に対する御朱印状に沼目村と記載されていたため、村名を変更した。
 社宝として応永10年(1403年)の県指定重要文化財の銅鐘が1基ある。
 社殿は入母屋造二棟一宇116平米。
 
 ○境内神社
 天神・金毘羅・稲荷をそれぞれ石の祠にお祀りしております。
▲ページTOPへ戻る
1つ前へ戻る      ホームページTOPへ戻る
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20番1号 電話:045-761-6387